コミュニケーションは釣り

新年度となりました。
新しいとは言っても、なんだかすっきりしない感じですが相変わらずやっていくこととします。

4年か5年くらいの前のこと、バリバリの(?)学生だった私。
先生は英語圏の人で、日本語とジェスチャーを交えてこういうのでした。
「コミュニケーションは(竿を投げるジェスチャー)フィッシング、釣りなんだヨね」
釣り…?なんのこっちゃい
そう思わせてからの講義展開、いい導入だなあ。

まんまと先生の罠に嵌まり楽しく抗議を受けたとさ。

さて、何が釣りなのかというと
自分が分かっている事を相手に伝えたい でも私は言葉が分からないもしくは相手が分かっていない
そういう時、ジェスチャーや言い換えを交えて相手に言わせる、引き出させることを 釣りと呼ぶのです。
極論ジェスチャーゲーム。
単語ひとつでも引き出せれば、そこを発火点にして会話を続けることができる。。
専門用語も言い換えれば、誰にだって伝えられ・伝わる。
プログラム屋さん初め、現場の人というものは専門用語をよく使うわけで、さっぱりわかりませんです。はい。
分からなければ、言い換えてもらえばいいのです。
easy please(簡単にお願いね)と。

citRINe
  • citRINe
  •  読み方は「シトリン」
    シトリンとは、黄水晶・シトリンクォーツとも呼ばれる水晶のひとつ。特に意味は無い。
    そして万年鼻炎、猫は吸うもの嗜むもの。