iOS[Keynote]図形の回転が難しいときに

iPadで[Keynote]を使っているときに
図形などオブジェクトの回転や角度を変更したいのに
うまく掴めない、または回転できないといったことはないですか?

前回、ご紹介した[Keynote]で、かんたんアート作成(内部リンク)
https://www.dreamonline.info/archives/1670
のように、オブジェクトが小さく細かくなればなるほど
上手くいかなくてイライラしてしまいます ^^;

そんなとき、ポイントは”一旦、大きくしてみる!”です

↓ 対象のオブジェクト(図形)をタップで選択(コピペでパーツを増やしました)

↓ 一度、大きくしてから回転、角度を変更します

対象のオブジェクト(図形)の上に2本の指を置いて回すようにすると
回転や角度の調整ができます
↓ Keynote for iOS (外部リンク)
https://support.apple.com/kb/PH3479?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

角度調整や回転が終わったら
サイズを戻して位置を調整します

このスライドのように、細かくなると
オブジェクトの移動調整もたいへん…

小さなパーツを移動させたり、位置を調整したい場合は
スライド自体を大きく表示すると、微調整もラクラクです!

スライド自体を大きくしたいときは
オブジェクトも何もないスペースで、ピンチアウトしてみてください

↓ 上記の方法で前回のスライドに、花の中心部分を重ねてみました

この一枚のスライドを作成するだけでも
図形の挿入、色や配置などの変更、コピー&ペーストなど
[Keynote]の機能をいろいろと使っています

楽しみながらスライドを作成
いつの間にか[Keynote]の達人になっているかも?

るるるん♪

るるるん♪ について

祖母は電話交換手から教員免許を持つ看護師になり、母はタイピストから臨床検査技師に転職、私は介護支援専門員からICT支援員へ… これは、るるるん♪家の女系が受継ぐDNAの仕業か?それとも何かの因縁か? 愛用のiOS機器:iPad Pro、iPad mini、iPod touch 使用頻度の高いアプリなど:iWork、iLife、Applemusic、DAZN