iPadでGoogleEarthなどGoogleのサービスを利用するときは…

GoogleEarthはiPad(iPhone)に、GoogleEarthのアプリがインストールされていないと、開くことができません。
SafariやChromeなど、Webブラウザで開こうと思っても強制的にAppStoreに飛ばされます。
以前、GoogleのClassroomやMeetでもあった、あの現象と同じですね。

GoogleWorkspaceのサービスも
・iPadのアプリが必要
・アプリ自体がなくWebブラウザのみ
・アプリもWebブラウザもどちらでも利用が可能
・iPadはWebブラウザでも利用可、iPhoneはアプリが必要
と様々なパターンあるので、使う端末とサービスによって気を付けて使い分けなければいけませんね。

ブラウザ版とアプリ版で若干画面が異なったり、機能があったりなかったりすることもあります。
日常的に使っている端末であれば、仕様変更やアップデートによる変更点がない限り、そうそう困ることはないと思いますが…
ICT支援員としては学校や地域によって端末や入っているアプリ、バージョンなども違うので、想定外なことが起こることも日常茶飯事。

便利な世の中ですが、咄嗟の判断と対応力も必要ですね。

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。