【第4回】コンピュターって・・・

連載??をはじめて、もう3回目。今日は、業務効率改善についてお話しします。

前回、ここでも書きましたがMS-DOS時代からパソコン操作を行っています。っていうことは、マウスの無い時代にパソコンを操作していました。 ですから、キーボード操作を中心に作業することが特に好きですねー(笑)

新しいものが好きなのに、未だにキー操作が好きって・・・

さて、そんな私からささやかな講習会を♪

マウスで操作する際に、チェックボックス・ラジオボタンなどをチェックすることがあります。
では、キーボードではどうするの??

 

 

答えは、スペース機を使用します。スペースキーを1回押下(おうか)ON、1回押下するとOFFになります。また、項目移動は、Tabキー(キーボードの左側)にあります。

このTabキーは、TabulatまたはTabulatorの意味を持っており、「4文字また8文字分の空白を開ける」専門的には ¥tとコントロールキャラクターの挿入をするという機能を持ったキーです。

WordやExcelでも使用できるキーですので、使用してみてください。

ちなみに、パソコン操作はマウス+キーボードよりキーボードだけの方が、効率向上につながります。以前、学校で教えていた時マウスを取り上げたらドS先生!!って呼ばれましたw

でも、その子たちは今でもマウスを使用せず業務を行なっているので、他の社員さんよりも業務青くど¥¥¥

やる気の無いブロッコリー

やる気の無いブロッコリー について

はぁーい♪ ITをかまいはじめてもうすでに、36年。最初はPC9801でMS-DOS上のN88-BasicでPG書いていました(笑) 現在は、IT企業??としてニッチ産業に取り組んでいます♪ のんびりと記事を更新していきますねー