Google翻訳アプリで英語の勉強

大学の試験期間に突入しました。大学の通信教育で英語をとっているのですが、テキストは英語のみ、付属のCDはテキストの文章を読み上げているものと出題。なので、日本語解説も日本語訳も全くないのです(泣)

そこで登場!グーグル翻訳アプリ!私はiPhoneにもiPadにもインストール済みで、日常ほんとうによく使うアプリになっています。

Google翻訳アプリを開いて
英語のテキストをカメラで読み取って

翻訳したい箇所を指でなぞっていくだけ
細かい所はズームしたり、ぽんぽんっと指でタップしても選択できます。

1ページまるっと翻訳してほしい時は画面下の「すべて選択」をタップすればOK!英語をキーボードなどで入力する必要もなく、写真をパシャっと撮るだけなので本当にカンタン!

苦手な英語のレポート課題に、どうしよう…と途方に暮れていましたがGoogle翻訳のおかげで、かなりはかどりました!あとは試験に向けて準備じゅんび…(汗…)

写真でも使用しているテキストはCharles McLartyのHang In There!(丸善プラネット)です。このテキスト、札幌出身の主人公Miyuがオレゴン州のポートランドの大学に留学して、いろいろなことを体験するという内容。英語のお勉強というよりも、このMiyuさんがこの先どうなっていくのか?次から次へと出会いがあるけれど、このうちの誰かと恋愛関係とかに発展するのかな~?などなど、行く末がとっても気になるのでした。

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。