AppleとGoogle、学校におけるそれぞれの可能性

”Apple”と”Google”どちらも研修で説明することがあるのですが、個人的にはAppleの方が担当していて楽しいしおもしろい!と体感している今日この頃です。

AppleはiPadの使い方基礎から応用まで、KeynoteやiMovieなどアプリの使い方といったことをします。
Googleはというと、G-Suite for Education、Classroom、Meetの使い方といった内容です(chromebookは私、ほとんど使ったことがありません)

小学校や特別支援学校の子どもたちが、学校で使うことでたくさんの可能性を見出すことができそうだなと思うのは、やはりApple製品だと思っていますし(もちろん使い方によりますが)実際に見てきているというところが一番大きいかもしれませんね。

Googleは多機能でクラウドを使うので、高校や大学、遠隔授業等で使用するには便利そうですね。しかし、対面授業で使おうと思うと何かと複雑で、想定外の事が多々起こるという…教職員の校務負担を減らすといったことには(今のところ)無料ですし良いかもしれませんが、みんなが使い方を覚えて使いこなすに至るまでには時間がかかりそうです…

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。