ICT活用能力の最終形態と基本のき

マニュアルや説明書、本を読んで一つ一つ操作方法を勉強している間に、アップデートで仕様変更されている。
もしくは新しい機種、サービス、アプリ、ツールが出ている。

そんな時代のICT活用能力とは…

とりあえず情報端末にさわって操作して、なんとなく使えること
わからないことがあったら、その持っている情報端末でネット検索して調べて
上手くいくまで、とにかくやってみる

これができれば最強なのでは?と思う今日この頃です。

では、最初にどこから始めたらいいの?というスタートラインですが、小学校(場合によっては就学前)から情報端末に触れているいまの子どもたち。
最初に基本の”き”をしっかりやっておけば、あとは子どもたちだけで、どんどん使い方を発見して進んでいくんだな~と思って見ています。

パソコンやタブレット、スマホは一つの結果を出すのに、たくさんの方法やルートが用意されています(アクセシビリティも)まずは一つ基本を教えて、やってみる。やっているうちに違うやり方を見つける。そのうち自分に合った方法に落ち着く。この過程そのものを楽しめたら、最終形態へ向かう流れに乗っているはず…

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 祖母は電話交換手から教員免許を持つ看護師になり、母はタイピストから臨床検査技師に転職、私は介護支援専門員からICT支援員へ…
    これは、るるるん♪家の女系が受継ぐDNAの仕業か?それとも何かの因縁か?

    愛用のiOS機器:iPad Pro、iPad mini、iPod touch
    使用頻度の高いアプリなど:iWork、iLife、Applemusic、DAZN