ibisPaint ver9.0.1

お久しぶりです。
ibisPaintの時間です。

ibisPaintが久しぶりにアップデートされました。
2021/6/21のアップデートでver9.0.1になり、現状これが最新バージョンとなります。

 

さて、私個人が気になった新機能のご紹介です。
移動変形ツールに「6種類の画像補間法」が追加されました。

ガゾウホカン…? まあ、知らなくてもなんとかなるでしょう。

正方形のキャンバスに「あ」と書きました。
ああ、しまった小さすぎた! 左に寄ってしまった!
そういう時は、移動変形ツールで動かすのも手。

 

今までのバージョンであれば、移動や拡大縮小をするだけで このように線がガビガビになってしまいます。
ver9.0.1であれば、ガビガビなりにくくすることができます。
やり方はいたって簡単、「移動変形ツール」をタップして「補間法」を選択するだけです。

6種の説明は、公式サイトの方が詳しく描かれているのでそちらにお任せして…
試しに「ランチョス3」で拡大縮小をしてみようと思います。

 

ランチョス3を用いて、拡大や縮小・移動をした「あ」です。
ガビガビしていないのが分かると思います。
とは言っても、ドット絵を描く人には「最近傍(サイキンボウ)」の方が向いているのだとか。
補間法にも向き不向きがあるらしいので、やはり一度アプリを触ってみる方がいいかもしれません。

 

次に、カラー選択ウィンドウ(色選択をする場所)が16進数に対応しました。
16進数ということは、カラーコードが使えるようになりました。


小さくですが、オレンジで線を引いた箇所をタップすることで、カラーコードを入力することができます。

これによって、今まではスライダーで調整していたところですが、コードから色を作れるようになりました。
(個人的にはこれが一番うれしい)

 

他にも、Bluetoothキーボードのショートカットキーに対応したとか
新しいフィルターが追加されていたりしています。

百聞は一見に如かず、さあお絵描きだ。

 

新機能の紹介-ibisPaint https://ibispaint.com/newFeature.jsp#ver90000

WEB色見本 原色大辞典 https://www.colordic.org/

 

citRINe
  • citRINe
  •  読み方は「シトリン」
    シトリンとは、黄水晶・シトリンクォーツとも呼ばれる水晶のひとつ。特に意味は無い。
     猫は吸うもの嗜むものと心得ているが、当人には猫アレルギーの疑惑有。
    そして万年鼻炎。