GoogleWorkSpace研修会の落とし穴

学校でGoogle for Educationの研修を行うことが増えています。
Classroom、Meet、Forms、スライド…たくさんあるGoogleのサービス。Googleを分かっていて使うととても便利で、いろいろなことができるようになります。

しかし、ITやICTに詳しくない、慣れていない、使っているけどよくわかっていない…そんな方も多いと思います。

詳しい人や得意な人の場合は「Google WorkSpaceはグループウェアサービスで、マルチデバイス対応、クラウドを使っている」ということを(体感でも)わかっているため「Googleの様々なサービスが連携している、アカウントで情報が紐づけられている、基本はオンラインで使用するもの」ということを理解しています。

詳しくない人や得意ではない人の場合は、この”基本の基本のき”のベースの部分が理解できていない人が大半です。そのため研修会をしても、よくて”分かったつもり”になるだけで、その先必ずどこかでつまずいたり、ストップしたりしてしまいます。

”これくらい当然みんな知っているだろう”という意識にすら上がってこない先入観には、気を付けなければならないと痛感したのでした。

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。