光の三原色

光の3原色

光の3原色

前回の記事にて「画面解像度」を書いてました・・・・

その中で、「光の三原色」について一瞬触ったので今回は、三原色についてかいてみます。

光の3原色とは、R(Red:赤)G(Green:緑)B(Blue:青)の3色を指し、この3色を使用して映像を表現しています。

 

 

各色は、色の表示濃度を変えて発色をしています。

RGBカラーバー

RGBカラーバー

この濃淡の段階は各色256段階あり、この組み合わせは 256 × 256 × 256 = 16,777,216

というわけで、電子機器は、自然な色合いを出すために約1677万色作成しています。

余談ですが、パソコン初期の発色は16色で、カラーが出たことだけでも大変な大騒ぎでした(笑)

画面解像度について

やる気の無いブロッコリー

やる気の無いブロッコリー について

はぁーい♪ ITをかまいはじめてもうすでに、36年。最初はPC9801でMS-DOS上のN88-BasicでPG書いていました(笑) 現在は、IT企業??としてニッチ産業に取り組んでいます♪ のんびりと記事を更新していきますねー