バッテリー充電について

機種サイズが大きくなったり、画面が綺麗になったおかげで、バッテリーの持ちが気になります(..;)

現在商品に添付されている電源アダプタはiPhoneは5W、iPad付属の10Wまたは12Wです。
充電を行うとかなり時間がかかるので、サードパーティ製の電源を使用している方も多いはず。

という、私もAnkerの高速充電器を使用しています♪

さてここで、充電時間について実験してみました。

電池残量が0で電源が入らない状況から、タイマーを使用して60分を計測しその時間でどれだけの充電容量になっているかを調べてみました。

ただし、手持ちの機種なので使用感満載!! ですから、多少のバッテリー劣化も原因の一つかと。

iPhone7Plus
5Wアダプター ・・・ 35%
12Wアダプター ・・・ 68%
30W充電器 ・・・ 78%

でした。やはり、充電圧が高いほど早く充電されます。お急ぎの時は、高速充電用の電圧が高い物を使用してみては・・・

 

やる気の無いブロッコリー

やる気の無いブロッコリー について

はぁーい♪ ITをかまいはじめてもうすでに、36年。最初はPC9801でMS-DOS上のN88-BasicでPG書いていました(笑) 現在は、IT企業??としてニッチ産業に取り組んでいます♪ のんびりと記事を更新していきますねー