iPhone・iPadで入力文字を読み上げさせよう

視覚障がい者向けのパソコンソフト、画面読み上げをしてくれる「PC-Talker」については以前に書きました。このソフトはパソコンで入力していると、リアルタイムに入力している文字を音声で教えてくれるので打ち間違いが発生しても音声でわかります。

PCトーカーについて

実は同じようなことがiPhoneやiPadでもできます。特に弱視の視覚障がい者は、iPhoneやiPadで文字を入力していると、本当にその文字が入力できているのか不安になることがあります。

iOSのアクセシビリティからスピーチを選択します。

スピーチから入力フィードバックを選択します。

ここの各項目をONにします。そうすると、今入力している文字をリアルタイムで読み上げしてくれます。VoiceOverでの入力はなれるのに難しいですが、この方法なら音声で確認しながらの入力ができます。

アクセシビリティの活用はとても大事なことですよ。

 

GIKOU

GIKOU について

基本所在地は鳥取市、たまに大阪や京都。デジタルガジェットにはすぐ飛びつく新しもの好き。 プライベートでは10年ぐらいのMac使い。愛機はMacBook Pro(2017非TouchBar)とiPad Pro(10.5インチ)、iPhone7などなど。