ワイヤレスイヤホンを使ってみての所感

私の周囲が新型「AirPods」でにぎわう中
いち早く、その新型を手にした人から、ワイヤレスイヤホンを譲ってもらった。
ほぼ未使用、らしい。

 

名を「Anker Zolo Liberty」と申す。
言わずもがなAnkerさんのイヤホンです。

耳にぐいっと押し込んで聞くタイプ、所謂カナル型のイヤホンですね。
以前使っていたイヤホンは動くと耳からポロリしたり
耳が痛くなったりといい思い出がないのですが、これはそんなことなかった。
耳に押し込むので、ちょっとした異物感はあるものの
イヤホンの自重でずり落ちてくることもありませんでした。
遮音性も高く、変なお話 耳栓代わりに…できたするかも。
(因みに、AirPodsのような形状をインナーイヤー型といいます)

 

このイヤホンを使うには、充電ケース(見た目楕円型の栗まんじゅう)からイヤホンを取り出して
ペアリングすれば接続完了
一度ペアリング設定したなら、以後ケースから取り出すだけで自動で接続してくれます。
そして、イヤホンをケースに戻せばペアリングは切断されます。
片耳だけの使用もできないことはないですが、右耳用がメインになっているらしく
左耳だけ使う、というのはできませんでした。
また、この小ささで通話にも対応しています。
…対応してはいるものの 「右耳だけ」でしか通話ができないのが難点。
通話時、音声が聞こえるのもマイクが付いているのも右耳だけなのです。

 

音質は、低音が強めに対し高音が抑えられている印象。
ドゥン!て感じのキック音が響く、感じでしょうか。
ここは好みの問題で、真面目に音楽聴きたいという人には向いていないかもしれませんね。
再生中、音が途切れることは起こることもありますが
Bluetooth接続は無線、有線接続ではないのでご愛敬といったところではないでしょうか。

 

このタイプのイヤホンの利点は、完全なワイヤーレスである点だと思います。
例えば「JBL TUNE110BT」のようなのもワイヤレスタイプのイヤホンです。
右耳と左耳のイヤホン部分がコードで繋がれているタイプですね。
イヤホンを耳にかけ、コードを首の後ろに回すようにして使用するのですが
私が使っているものは、首の後ろに回したコードが顎の下まで垂れ下がってきていることが殆どでした。
うーん邪魔くさい。
この煩わしさのないのが完全ワイヤレス。
音楽を聞きながら色々する、人には嬉しいものだと思います。
完全ワイヤレスに不便さを感じるとしたら
音量の調節をイヤホン本体では行えない事でしょうか。
大体のコード付きタイプなら、コードにリモコンが付いてきている事が殆どですね。
音楽再生したら、音が上がりすぎていてギャンッとなって私がびっくりします。
音量下げようとすると、スマホの画面をつつかなくてはなりません。リモコンがあればすぐなのにね

 

ケースの見た目は艶消しパールホワイトな栗まんじゅう。机に置いておけばなんかかわいい
イヤホンには防水だってついている。
ワイヤレスなので走っても邪魔にはなりませんし
ランニングなど、運動のお供に ワイヤレスイヤホンいかがでしょう。

 

citRINe

citRINe について

読み方は「シトリン」シトリンとは、黄水晶・シトリンクォーツとも呼ばれる水晶のひとつ。特に意味は無い。    そして万年鼻炎、猫は吸うもの嗜むもの。