スクリーンショットの操作方法(2)

iPhone/iPadの機能に『アクセシビリティ』というものがあります

Appleのホームページには

《パーソナルなデバイスを すべての人が使えるように》

と書いてあります

直訳すると《個人の装置を すべての人が使えるように》でしょうか?

なんとなくわかるような、わからないような…

ストレートに受け取ってしまうと

セキュリティ、ヤバいんじゃない?と思うかもしれませんね

(個人的には、Appleの表現方法はカタカナ英語が多くて苦手です^^;)

 

iPhone/iPadには、1つの機能を動かすために

いくつかの操作方法があらかじめ設定されています

 

アクセシビリティ = 様々な状態の人が、一つの到達目標に辿り着ける、または辿り着きやすいように、多様なルート(アクセス方法)を用意している

と解釈した方がわかりやすいでしょうか

 

今回はアクセシビリティ機能の一つ『AssistiveTouch』をご紹介したいと思います

 

スクリーンショットを撮るためには

ホームボタンと上部(電源/リセット)のボタンを同時に押す

という手順が必要でした

 

『AssistiveTouch』の設定をしておくと

タップ2回でスクリーンショットが撮れるのです

 

AssistiveTouchの設定方法

設定 → 一般 → アクセシビリティ → AssistiveTouch → ON

最上位メニューをカスタマイズ → スクリーンショット 選択して追加

ホームボタンを押してホーム画面に戻ると、グレーがかった四角いものが出ています

 

この四角いものをタップすると、設定したメニューが表示されます

あとは、スクリーンショットをタップするだけで

端末画面を撮影することができます

 

AssistiveTouchは様々な設定や、カスタムができるので

また、ご紹介したいと思います

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。