スクリーンショットの操作方法(2)

iPhone/iPadの機能に『アクセシビリティ』というものがあります

Appleのホームページには

《パーソナルなデバイスを すべての人が使えるように》

と書いてあります

直訳すると《個人の装置を すべての人が使えるように》でしょうか?

なんとなくわかるような、わからないような…

ストレートに受け取ってしまうと

セキュリティ、ヤバいんじゃない?と思うかもしれませんね

(個人的には、Appleの表現方法はカタカナ英語が多くて苦手です^^;)

 

iPhone/iPadには、1つの機能を動かすために

いくつかの操作方法があらかじめ設定されています

 

アクセシビリティ = 様々な状態の人が、一つの到達目標に辿り着ける、または辿り着きやすいように、多様なルート(アクセス方法)を用意している

と解釈した方がわかりやすいでしょうか

 

今回はアクセシビリティ機能の一つ『AssistiveTouch』をご紹介したいと思います

 

スクリーンショットを撮るためには

ホームボタンと上部(電源/リセット)のボタンを同時に押す

という手順が必要でした

 

『AssistiveTouch』の設定をしておくと

タップ2回でスクリーンショットが撮れるのです

 

AssistiveTouchの設定方法

設定 → 一般 → アクセシビリティ → AssistiveTouch → ON

最上位メニューをカスタマイズ → スクリーンショット 選択して追加

ホームボタンを押してホーム画面に戻ると、グレーがかった四角いものが出ています

 

この四角いものをタップすると、設定したメニューが表示されます

あとは、スクリーンショットをタップするだけで

端末画面を撮影することができます

 

AssistiveTouchは様々な設定や、カスタムができるので

また、ご紹介したいと思います

るるるん♪

るるるん♪ について

祖母は電話交換手から教員免許を持つ看護師になり、母はタイピストから臨床検査技師に転職、私は介護支援専門員からICT支援員へ… これは、るるるん♪家の女系が受継ぐDNAの仕業か?それとも何かの因縁か? 愛用のiOS機器:iPad Pro、iPad mini、iPod touch 使用頻度の高いアプリなど:iWork、iLife、Applemusic、DAZN