ICT支援員の必要性

ICT支援員が全国的に広がり、最近はあちらこちらでICT支援員のお話を聞くとことがあります。

さて、皆さんにとってICT支援員の必須要件ってなんだと思いますか??

よく耳にするのが
・ICT支援員の資格
・IT機器の操作方法に対してのスキル
・アプリケーションに対してのスキル
などなど。。。。

私は個人的に間違っていないが違っていると思っています。

一番必要なのは、コミュニケーションスキル!! が必要だと思っています。
まず、
・先生方が欲している情報
-> 先生方とお話ししていると自然と見えてきます

・児童、生徒たちの欲している情報
-> 児童、生徒と話ししていると自然と見えてきます

・先生方への研修会
-> 先生方との目線に合わせ説明や、助言をする

などから、私はまず「目線を同じにする」、「用語を使うときには別のわかりやすい言葉も用意する」、「業務外の雑談などもする」など、
コミュニケーション必須技術を駆使して業務を行っています。

あと必要なのは、「プロとしての威厳」と「プロとしてのプライドは捨てる」かなー
「プロとしての威厳」は、ダメなものはダメ、よいものは良いと断言する
「プロとしてのプライドは捨てる」は、知ったかぶりをせず、わからないことは「わからないので確認して改めて説明させてください」と素直に認める。
でしょうか。

たぶん~だと思います。は曖昧過ぎで答えになっていない。
知ったかぶりはうそを上塗りするだけ。

この辺りは、自分の中で信念をもって業務遂行しているつもりです。

っということで、単なるボヤキでした・・・

やる気の無いブロッコリー
  • やる気の無いブロッコリー
  • はぁーい♪ ITをかまいはじめてもうすでに、36年。最初はPC9801でMS-DOS上のN88-BasicでPG書いていました(笑) 現在は、IT企業??としてニッチ産業に取り組んでいます♪

    のんびりと記事を更新していきますねー