結局よく使うiOSアプリって…

iPadを持ち始めたころやICT支援員になったばかりのころを思い返してみると、iPadにアプリをたくさんインストールして使っていました。
今は?というと、日常のお仕事で使用する場合は、デフォルトアプリで十分といった状況です(iPhoneの場合はまた事情が変わってきますが)

個人的によく使うのはカメラ、写真、メモ、Keynote、Pages、iMovie、ファイル、Safari、ボイスメモといったところ。

インストールしたアプリでよく使うのはChromeやMeet、YouTubeなどのGoogle系アプリや、Zoomなどのビデオ会議システムくらいかもしれません。
PDFに注釈を付けるのもファイルにデータを入れて使うと簡単にできるし、手書きメモもメモアプリで十分だし…

”他のアプリを入れないとできない何か”があれば、その都度アプリをインストールして使うことがありますが、動画を左右を反転や逆再生したいとか、画像から(複雑な線で)一部を切り抜いて合成したいとか、レイヤーを使ってイラストを描くなどなど…使用頻度が少ない、機能が専門的または限定的、特殊な用途の場合がほとんど。

学校でiPadを使用する場合も、まずは基本機能やアプリの使い方を知っていただいた方が、長期的にみてiPadの活用に繋がると思っています。
機能と使い方の組合せは、アイデア次第で無限大に広がります。メモはメモに使うもの、ファイルはデータを保存するものというように、使い方を最初から固定せずに自由な発想が持ていると良いですね!

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。