コントロールセンターから簡単にタイマーをセットする方法

iPhoneやiPadでタイマーを設定するときに、わざわざ[時計]アプリを開いてタイマーを開かなくてもいいんです!
例えば…[Keynote]など他のアプリを開いている時でも、コントロールセンターから簡単にアクセスすることができますよ。

コントロールセンターを表示して、タイマーのマークを長押しします。

iPhoneも同じようにコントロールセンターから、タイマーのマークを長押し。

タイマー設定のメモリで1~10分、15、20、30、45分、1時間、2時間を設定できます。
時間を決めたら「開始」をタップ。

これでタイマーがスタートしたので、タイマー設定以外の部分を画面タップするとコントロールセンターやタイマーの表示が消えます。

実は裏で[時計]アプリのタイマーが動いているという…

時間になると[時計]アプリを開いていなくても、こうして音や通知で教えてくれます。

画面上部に表示される通知の部分をタップすると、タイマーのお知らせを止めることができます。
コントロールセンターからタイマー設定できるということは、どんなアプリを開いていてもアクセスできるということですね!

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。