iPad操作は「習うより慣れよ」だ!

”iPadの操作に慣れていない”から、学校全体の活用がすすまないのではなく…
活用するメリットや良さをイメージできていないから、活用のスタートがきれない→iPadを使う場面がない→iPadの操作に慣れない
という図式がほとんどのような気がします。

それは学校や地域全体だけではなく、学校や組織の中の個人でも同じこと。
GIGAスクールがはじまり、日本の小中学校(そのうち高校も)で情報端末の活用がすすむ中、もう”慣れていないから”なんて通用しなくなってしまいます。

これまで様々な内容で研修会を行ってきましたが、ただ操作方法を伝えるだけではなく、活用のイメージが浮かぶかどうか、研修後に少しでも使ってみようかなと思えるか、iPadって楽しい、おもしろいと思ってもらえるかといったことを大切にしてきました。

どれだけ操作方法や機能を頭に入れても、実際に端末にさわって使ってみなければ意味がありません。
まさに『習うより慣れよ』です。

走るつもりのない人をスタート地点までお連れすることが、一番難しいところでもありますが…ICT支援員の大事な役割のひとつですね。

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。