iPhoneの画面に表示されたQRコードを読み取る方法

iPhoneでインターネットやSNSを見ているときに、QRコードが別ページへの入口になっていることってありますよね。
いまiPhoneで見ているQRコードを「どうやって読み込むの??」と思ったことはありませんか?

通常はカメラアプリか、コントロールセンターのコードスキャナーからQRコードを読み取ります。
(まだ専用アプリを使っている人もいるかもしれませんが…)
↓ 参考記事 2021年10月8日 QRコードの読み取りはカメラよりコードスキャナーが便利!
https://www.dreamonline.info/archives/5993

端末の画面に表示されているQRコードは通常の方法だと、もう1台別の端末が必要ということになってしまいます。

しかし!1台でできる方法があるんです!

<手順>
1.まずはQRコードが載っているページをスクショします。
2.写真アプリを開いて、QRコードの部分を長押し。

(画像の一部を加工しています)

3.「Safariで開く」をタップすると、QRコードのぺージを開くことができますよ。

ちなみに上の画像のQRコードの行き先はLINEだったのですが、アプリがインストールされていてログインもできている状態であれば「Safariで開く」から自動的にLINEが開きました。

お互いにこのやり方を知っていると、QRコードで共有する選択肢が増えそうですね。
iPadでも同じ方法でできますよ!

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。