デイジー図書再生アプリで「ごんぎつね」を読んでみた

デイジー図書に関するご相談があったので、あらためて久しぶりに”どのiPadアプリがいいかな?”と見ていたところ…
今何かと話題の(?)小学校4年生の国語「ごんぎつね」が、あっちでもこっちでも出てくる…

数日前から「ごんぎつね」って、どんなお話だったっけ?と社内でも話題になっていたので、アプリを試しがてら[のじぎく]や[UDブラウザ]で再生してみました。

昭和生まれも平成生まれも、北海道民も中国地方育ちの民も、小学校の国語で習ったという記憶だけは持っている「ごんぎつね」て、ある意味すごいと思う。
大人になって読んでみると(今回はDAISYなので、文章を見ながら音声再生を聞いている)昔ながらの言葉や描写、登場人物ときつねの心情、直接的ではないやりとりや表現がたくさんあって、意外と難しいことをやっていたんだな~という感想。そして深めるほどに”どうして?””なぜ?”その後どうなったのだろう?という問いが、次々と生まれてくるのがおもしろい。

↓ 「のじぎく」シンプルデイジープレイヤーで「ごんぎつね」再生中の画面
 

ステキな声の方だと思って聞いていたら…(財)日本障害者リハビリテーション協会制作の「ごんぎつね」は、森口瑤子さんが朗読されているようです。
無料のiOSアプリもサンプルもあるので、デイジー図書のお試し利用もしやすいですね。

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。