iPhone/iPadでQRコードを読み取る3つの方法

iPhone/iPadでQRコードを読み取る方法は3つ。

1. [カメラ]アプリ
2. コントロールのコードスキャナー機能
3. 専用アプリをインストールする

1と2はiPhone/iPadの基本機能、アプリで利用できます。
どちらも一見して「こちらからQRコードを読めますよ!」と、大々的にアピールしていないのでわかりにくいかもしれません。

3はAppStoreでQRコードを読む専用アプリを、インストールする方法です。
アイコンがQRコードのイラストだったりするので、パッと見てわかりやすい。
ですが…元々iPhone/iPadが持っている機能の1と2で、出来るので”わざわざ感”はあります…
履歴を残したいといった、別の用途がある場合は専用アプリが便利です。

↓ カメラでQRコードを読み取る

↓ コントロールセンターのコードスキャナー

使う人や用途によって、使いやすい便利な方法を選ぶと良いですね。

過去の関連記事はこちらをどうぞ
↓ 2021年11月9日 iPhone/iPadのカメラでQRコードをスキャンしないようにする設定
https://www.dreamonline.info/archives/6085
↓ 2021年10月8日 QRコードの読み取りはカメラよりコードスキャナーが便利!
https://www.dreamonline.info/archives/5993

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。