フラッシュライト

従来の電池式の懐中電灯から、バッテリー搭載の充電式懐中電灯
ハンディタイプや小型タイプと大きさも様々なのだ。
備えあれば嬉しいな、もしもの備えに懐中電灯。

 

さて、そんな懐中電灯をせっかく買うなら明るい方がいいと私は思う。
私が持っているのはMAX1100ルーメンのライトだ。

ルーメンというのは、明るさの単位を指すもので「㏐」と表記することもある。
この数値が高ければ高いほど、明るいと考えてもらえれば良いだろう。

200ルーメンもあればライトとしては十分な明るさといえる。

 

なので、より明るいものを求める場合は、ルーメンの高いものを選べば良い。
それ相応に値も張ってしまうのは玉に瑕。

 

名前だけでときめく高出力ライト。
高出力なだけに注意しなければならない点もある。

 

高出力が故、紙に照射し続けると紙が燃える。
紙を燃やすには至近距離で当て続けなければならないが
点けっぱなしで置いておくのはやめた方が良いだろう。

 

また、屋外で使用する際、航空機に向かって照射することは犯罪に当たる。
通常の懐中電灯なら届かなかった光が、高出力になったことで届くようになってしまっているのだ。

 

この注意すべき点は、レーザーポインターにも言えることだ。
高出力なレーザーポインターになれば、手持ち花火に点火ができるほどなのだとか。

そういう出力のある光を、人や動物に向けるなんて言わずもがな
道具の特性を理解した上で使っていこう。

           
  • citRINe
  • 読み方は「シトリン」
    シトリンとは、黄水晶・シトリンクォーツとも呼ばれる水晶のひとつ。特に深い意味は無い。
    猫は吸うもの嗜むものと心得ているが、当人には猫アレルギーの疑惑有。
    そして万年鼻炎。