共有iPadでGoogleログインをするときはSafariの〇〇を使うと便利!

学校iPadなど、共有のiPadでGoogleWorkspaceを使うとき…
Googleアカウントでログインして、使った後はアカウントを削除して…
って、この一連の流れが面倒だったりしますよね。

そんな時はiPadのSafariの「プライベートブラウズモード」を使うと
最後のログアウトやアカウントの削除をする、ひと手間を省くことができます。

Safariを開いたときに画面の左上に表示される、iPadの画面のようなアイコンをタップ。
下の画像の赤枠で囲んだ部分です。

通常のSafariは「スタートページ」になっています。

画面の左側「プライベート」をタップして、プライベートブラウズモードにします。

プライベートブラウズモードになると、画面上部の「検索/Webサイト名入力」部分が黒っぽくなります。
このプライベートブラウズモードを使うと、最初のGoogleログインは必要ですが
最後にログアウトやアカウントを削除しなくても、開いているタブ(ページ)をバツで閉じるだけで良いんです。

なぜなら、プライベートブラウズモードでは検索履歴も入力した情報も保存されないから!

逆にSafariでパスワード保存の設定をONにしているのに、毎回入力しないといけない…
パスワードが保存されていない?という場合は、プライベートブラウズモードになっていないか?を確認してみてください。

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。