暑い中でのiPad・iPhoneの使用について

暑いですね。連日35度越えなんて本当に溶けそうになります。

先日のことでした。車の車外温度計が42度を表示する日にちょっと外出する用事がありました。

外出先でiPhoneを使っていたら…

あれ?画面表示がおかしい。アイコンが点滅してる…。

嫌な予感がしてすぐに再起動しましたが、その後も挙動が不安定に。

実はAppleのサイトにこういう表記があります。

iPhone、iPad、iPod touch (第 4 世代以降) の動作温度と温度管理についてご説明します。
iOS デバイスは環境温度 (周囲の温度) が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。動作温度を下回る極端な低温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。より温度の高い場所にデバイスを戻すと、バッテリーの駆動時間も通常の状態に戻ります。極端な高温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの持ちが悪くなることがあります。
iOS デバイスは -20° ~ 45℃ の場所に保管してください。駐車中の車の中は高温になることがあるので、デバイスを車内に置いたままにしないでください。

 

動作温度が環境温度35度まで…、ってことは気温が動作温度超えてるじゃねーか!

その後、涼しいところに持ち込んで少ししたら落ち着きました。

ちなみにiPhoneユーザーなら一度は見たことがあるこの表示、

高温注意のスクリーンショット

暑いところにiPhoneを置き去りにしたときにiPhoneにはよくこういう表示が出ます。

この場合はすぐに涼しい場所において様子を見ましょう。

デジカメもパソコンもタブレットもスマホも暑さには弱いです。

暑い時期にiPadやiPhoneを使うときには注意しましょう。

GIKOU

GIKOU について

基本所在地は鳥取市、たまに大阪や京都。デジタルガジェットにはすぐ飛びつく新しもの好き。 プライベートでは10年ぐらいのMac使い。愛機はMacBook Pro(2017非TouchBar)とiPad Pro(10.5インチ)、iPhone7などなど。