視覚障がい者が使いやすいサイトとは

こんな記事がFacebookで流れてきました。

ビヨンセのサイトを視覚障害者が提訴。“クレーマー”と言う日本人の無知コメントも

joshi-spa.jp

実際、視覚障がいの世界に関わっていると、この問題にぶつかることは多いです。

様々な職場で色々なシステムが動いていると思いますが、最近はWebブラウザを使ってのシステムも増えてきました。

それらのシステムを使っていて問題になるのが

「画面読み上げがうまくいかない」

「キーボードで操作が完結できない」

「操作中にすぐにタイムアウトしてしまう」

ことが多いです。

視覚障がい者が使えるシステム、使いやすいホームページの構築はとても大事なことです。どのようなことが必要なのかを考えていただきたいです。

記事本文より

 ビヨンセのサイトに対する訴訟は、先進国では「当然するべき配慮を欠いた結果」という認識なのです。日本でも、誰もが暮らしやすい配慮を行える社会を作るべく、意識を変えていく必要があると感じます。

ハンディがあっても利用できるページづくり:Webアクセシビリティについて

こちらのページが参考になると思うのでぜひご覧ください。

ギコ

ギコ について

基本所在地は鳥取市、たまに大阪や京都。どこでも車で行きます。カメラ好きで写真撮るのも好き。 新しいデジタルガジェットにはなんでも飛びつきます。