iOS13ダークモードを、さらに色反転してみた

iOS13になって新たに登場したダークモード。ダークモードは目に優しく、なおかつ見た目がおしゃれ。そのダークモードで、さらにアクセシビリティの「反転」をしてみたらどうなるのだろう?と思い試してみました。

設定の「画面表示と明るさ」からダークモードに設定後、アクセシビリティの中にある「画面表示とテキストサイズ」の中の「反転」をONにします。

↓ ダークモード+色反転後の設定画面

スクリーンショットで撮影できなかったので(通常のダークモードでしか映らず…)iPadminiの画面を別の端末で撮影しています。なんだか、これはこれでステキな雰囲気と思ったのも束の間。ホーム画面に戻ってみると…

↓ ダークモード+色反転後のホーム画面

アプリアイコンも全て色反転している!ある意味斬新。SafariなどでWebページを見てみると、文字など見えやすくなっているのですが、やはり写真なども全て色反転していました。昔のカメラのフィルムと同じです。

使用する人の見やすさ、見えにくさに合わせてカスタムできる範囲が広がったので、試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに…人体や疾患についてWebで調べたいけれど、臓器や病巣の画像を見たくないという方には、この写真や画像が色反転される設定は良いかもしれません。検索前に設定をONにしてから、ブラウザを開いて検索してみてください。

ちなみに…以前紹介したトライポフォビアは、コントラストが強調されてさらに恐ろしいことになっていたので、写真の対象物に寄りけりです^^;

↓ インターネット検索で画像を見たくない!という時に
https://www.dreamonline.info/archives/1590

るるるん♪

るるるん♪ について

祖母は電話交換手から教員免許を持つ看護師になり、母はタイピストから臨床検査技師に転職、私は介護支援専門員からICT支援員へ… これは、るるるん♪家の女系が受継ぐDNAの仕業か?それとも何かの因縁か? 愛用のiOS機器:iPad Pro、iPad mini、iPod touch 使用頻度の高いアプリなど:iWork、iLife、Applemusic、DAZN