DAISYを作ってみよう

視覚障がい者や、何らかの理由で文字情報を読むことが困難な方が使えるデジタル録音図書がDAISYです。

DAISYは多くの場合、ボランティアの方が録音してくださいます。それを借りたり、ダウンロードしたりして利用しています。

でも、DAISYって自作できるんです。

実は筆者は先日行った2学期末試験をDAISYで作成した問題で実施しました。

では作成には何が必要か説明します。

・MY STUDIO PC(DAISY作成ソフト)
・ICレコーダー
・3.5㍉オーディオケーブル
・音声読み上げソフト

以上です。

これさえあれば作成は難しくありません。

 

まず、作成用のMY STUDIO PCですが、こちらは日本障害者リハビリテーション協会から無償提供を受けることができます。

MyStudio PC

それで、ソフトが用意できたら作業開始ですが、他にも必要なソフトがあります。

DAISYの多くは、ボランティアの方が声を吹き込んでくださってます。しかし、なかなか自分の声を吹き込むことには抵抗があるかと思います。なので、パソコンに読み上げさせて、それを録音する方法で作成していきます。

筆者が使っているソフトがBalabolkaです。これもフリーソフトなので無料でつかうことができます。

Balabolka

作業としては、読み上げさせたい文書をBalabolkaに入力、もしくはコピーして貼り付けて、ちょっと改行を入れるなどの作業をします。これはレベル作成がしやすいように、レベルで切りたい場所に改行を多く入れ、そこの時間を1秒間は開けるようにしていきます。そしてそれを読み上げさせます。それをオーディオケーブル経由でICレコーダーに録音し、ICレコーダーに入れた音声(MP3)をパソコンに入れて、MY STUDIO PCで編集して、最終的にCDに入れてしまえばDAISYができます。

自分の声で録音せずにPCに喋らす方法なので、意外にかんたんにできます。

DAISY作成は難しくないということをぜひ知ってもらいたいですね。

GIKOU

GIKOU について

デジタルガジェットにはすぐ飛びつく新しもの好き。 プライベートでは10年ぐらいのMac使い。愛機はMacBook Pro(2017非TouchBar)とiPad Pro(10.5インチ)、iPhone XRなどなど。