ibisPaint ブラシ設定の保存と読み込み

ibisPaintの新機能紹介のコーナー
(機能として実装されたのはちょっと前)

 

今回は「ブラシ設定」の保存と読み込みの機能

なにかしらを描いている間に弄ったブラシの細さやかすれ具合、自分に馴染むブラシもいくつか見つかったことでしょう
あの線はどういうペンで描いてるんだ…
他の人はどういう設定で描いているんだ…とか気になったことないでしょうか
今までならば、直接ブラシのパラメータのスライダーを左右に動かしたりして
「同じ設定」になるまで色々なパラメータを動かすしかありませんでした。

ブラシ設定の保存ができるようになった今なら、パラメータを動かすことなく
他の人が作ったブラシを簡単に使う事ができたり、反対に自分の作ったブラシを誰かに共有することができるようになります。

使ってみなきゃサッパリ!
例として「ペン(ソフト)」の設定を保存してみましょう

 

まず初めに、ブラシのメニューを開きます
メニューの右上にある黒丸の部分をタップ
すると「ブラシQRコード書き出し」とあるのでそこをタップします

 

 

すると「QRコードをフォトライブラリに保存しました」とダイアログが現れるのでOKを押します
これで保存完了
保存されたQRコードもといブラシ設定は、カメラロールに保存されているので
それをAirDropなどを使って共有すれば、色々な人に自分の使っているブラシを使ってもらえるようになるというわけです

 

 

 

次に、ブラシ設定の読み込みです。
保存した時同様、ブラシメニュー右上の黒丸から「ブラシQRコード読み込み」をタップ

すると、写真を選択できるようになるので、保存しておいたQRコードを選択します
これで読み込み完了
読み込んだブラシは「カスタム」の欄に追加されているはずです

 

ちなみに、Twitter上ではありますが
いろいろなユーザーが作ったブラシを共有するハッシュタグ「#ibispen 」というものがあります
さらっと流し見しただけでも、結構な数のブラシ達がありましたみんなすごい
お試しあれ。

 

citRINe
  • citRINe
  •  読み方は「シトリン」
    シトリンとは、黄水晶・シトリンクォーツとも呼ばれる水晶のひとつ。特に意味は無い。
    そして万年鼻炎、猫は吸うもの嗜むもの。