iOS15アップデート後にAirDropができない

2021年9月21日、iPhoneとiPadをさっそくiOS15にアップデートしました。
が、しかし…iPhoneで撮影した写真をiPadにAirDropしようと思ったら「共有相手が見つかりません」という表示がでました。

アップデート前まではAirDropできていたのに…というわけで、いつものように端末を再起動して、もう一度試してみました。
iPhoneもiPadもホームボタンがある端末の場合は、トップボタン(電源)とホームボタンを同時押し、ホームボタンがない場合はサイドボタン(電源)と音量ボタンを同時押しで再起動できます。

再起動した後は通常通り、AirDropで送受信ができました。アップデートした際に再起動しているにもかかわらず、もう一度再起動しなくてはいけないなんて、なんだか面倒ですが…同じような症状が出ている方は一度試してみて下さい。

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 祖母は電話交換手から教員免許を持つ看護師になり、母はタイピストから臨床検査技師に転職、私は介護支援専門員からICT支援員へ…
    これは、るるるん♪家の女系が受継ぐDNAの仕業か?それとも何かの因縁か?

    愛用のiOS機器:iPad Pro、iPad mini、iPod touch
    使用頻度の高いアプリなど:iWork、iLife、Applemusic、DAZN