[Keynote]ライブビデオの切り替え

[Keynote]のスライドにライブビデオを埋め込める機能が付きましたね。
どんなものだろう?とさっそく試してみたら、端末の前面カメラの映像だけ?何に使うんだろう?と頭の中にたくさんのハテナが浮かびました。

背面カメラに切り替えることもできるようなので、使い方についてiPad[Keynote]で簡単にご紹介したいと思います。

[Keynote]のスライド編集画面で+(プラス)マークをタップし「ライブビデオ」を選択すると、カメラで撮っているリアルタイムの映像がスライドに挿入されます。
カメラを切り替えたい場合は、映像が表示されている部分をタップし選択してから画面右上のペンキの筆マーク(編集)をタップします。

タブの「ライブカメラ」を選択し、ソースをタップします。初期だとデフォルトカメラのみになっていると思うので右上の+をタップします。
新規ソースの編集画面が表示されるのでソース名を入力し、カメラの映像部分の右下の切り替えマークをタップして前面/背面カメラを切り替えます。

カメラの映像は300%までズームもできますし、ApplePencilなどで映像に重ねて書き込みもできます。

他の端末のカメラも接続できるようなので、幅広く活用できそうですね。

↓ Appleホームページ iPadのKeynoteでライブビデオを追加する
https://support.apple.com/ja-jp/guide/keynote-ipad/tan6a7b90433/ipados

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。