実際にあった”稀に見る重症iPad”の症状と改善方法

第6世代9.7インチ32GBのiPad(2018年発売)自宅で個人使用、ほぼ毎日使用している端末。

主な症状はフル充電してもすぐに減る、100%から一気に減るということで、ショップでバッテリー交換をしたそうです。

それでも何かがおかしい…ということで見てみると…
ストレージがいっぱい、OSのアップデートをしばらくしていない、端末の再起動もしていない、Safariの履歴がいっぱい…
という働き過ぎなのに、全くメンテナンスしていないという…いっぱいいっぱいで、かわいそうな端末でした。

デジタルデバイスに興味がない、詳しくないけど使っているという方には、実は隠れあるあるな話なのでは?
というわけで、とりあえずどこを見たらよいのか?簡単にお伝えします。

1.設定→一般→iPadストレージを開いてみる

↓ 2022年1月31日の記事 iPhone/iPadのストレージが足りなくてアップデートできないとき
https://www.dreamonline.info/archives/6382

2.設定→ソフトウェア・アップデートを開いてみる
OS最が最新状態かどうか確認できます。

3.設定→Safari→履歴をWebサイトデータを消去
Safariの履歴やログイン状態が一旦リセットされるので、消去をタップする前に確認!
↓ 2021年7月28日の記事 Safariに残ったデータを一括で消去する方法
https://www.dreamonline.info/archives/5777

この重症iPadはバッテリーの交換と、上記の対応で復活しました!
普通に使っていたらiPhone/iPadで4年なんて、全然まだまだ使える。あきらめる前にぜひ、お試しください。

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。