iTunesを使ってCDを作成する

iTunesからiPhoneやiPadなどに音楽を入れたいというのはよく聞きますが、iTunesからCDを作成できるのをご存じでない方もおられるのではないでしょうか。

CDを流す機会というのは、昔よりは減っているでしょうが、なくなったわけではないでしょう。

今回は、iTunesからCDに書き込みをする方法をご紹介します。

iTunesからCDに書き込みをする

まずは、CDに入れる曲を入れるためのプレイリストを作成します。
左側で右クリックし、新規プレイリスト作成を選択してください。


ドラッグアンドドロップで、ライブラリからプレイリストに曲を入れます。

右側にある3つの点のマークを選択し、「プレイリストからディスクを作成」するか…

リボンからファイルを選択し、「プレイリストからディスクを作成」します。

選択したプレイリストに使用制限のある項目(コンピューターで再生することが許可されていない曲など)が含まれている場合、「プレイリストからディスクを作成」は表示されません。

推奨録音速度や、CDのタイプなどを選択できます。
項目を選択したら、「ディスクを作成」をクリック。

作成が開始されます。少し待つと、完成です!
途中でキャンセルすることも可能ですが、CD-R または DVD-R ディスクの場合は使えなくなります。

曲のフォーマットを変える

MP3で入れたいなど、特定のフォーマットで入れたい、ということがあると思います。
その場合、ライブラリにある曲のフォーマットを変換して入れることになります。

まずはフォーマットを選択します。
編集>環境設定>インポート設定…を開きます。

「インポート方法」から変換後のフォーマットを選択します。

変換したい曲をすべて選択し、変換>(フォーマット名)バージョンを作成 を選択します。

元の形式のデータは変わらず、フォーマット変換後のデータが追加されます。

同じ名前なので、形式がわからなくなるかもしれません。
そんな時は、曲の上で右クリックして「曲の情報」からファイルタブを表示するか、名前やアーティストなどと表示されている部分を右クリックして「種類」にチェックを入れ、形式を表示しましょう。

「AACオーディオファイル」とあるものはAAC形式、「MPEGオーディオファイル」とあるものはMP3形式です。

(参照:Apple サポート 公式サイト – Apple Support
WindowsのためのiTunes: 自分だけの CD や DVD を作成する

はにわのてりぃ

はにわのてりぃ について

わたしは、約3,000年前に生まれた、「てりぃー」。     当時は、卑弥呼にこき使われていましたが、仕事に失敗し、左遷で鳥取にやってきました。       当時の鳥取には、何もなかったので一生懸命開拓しました。      疲れ果てて、寝てしまい気づくと土が上に被さり、いつの間にか土に埋もれてしまいました。 それから数千年後、鳥取県のある地区にある「古墳」で発見され、掘り返されちゃいました(笑)      現在、大山町の「古墳・埴輪博物館」を生活の拠点にし、日々パソコンの勉強をしながら働いています♪      趣味は、寝ること・食べること♬       最近ハマっているパソコン♪ PHPを使用したプログラムにチャレンジ中。このサイトで何とか記事を作ってUPに頑張ります~ぅ♪ はにゃぁぁぁ~~~ 応援よろしくなのー