拡張機能で広告をブロック

ウェブページ上でのトラブルにも気を付けたいところですが、
そのトラブルの原因の1つがweb広告だと思います。

 

「スパイウェアが検出されました」
なーんて不安を煽ってくるような広告から、ネットショッピングの広告などなど
そんな広告をクリックしてしまうと、「個人情報は大切に!変なサイトや広告には注意しよう
のようにフィッシング詐欺の被害にあってしまうことも…
広告の中には、確かに真っ当な広告もありますが、やはり気を付けたいところ。

 

そこで、Google Chromeの拡張機能を使ってみましょう。
今回使う拡張機能は Adblock Plus 
効果はweb広告を非表示にしてくれるものになります。
 
Adblock無しは赤枠 有りは青枠
効果は一目瞭然、ですよね。

 

Google Chromeに拡張機能を導入(追加)するには
Chromeウェブストアから追加したい機能を選びます
・ダウンロードするには、機能のページの右上「Chromeに追加」をクリックします
・クリックすると、ウィンドウが現れるので「拡張機能の追加」をクリックします
これで追加完了です。

 

 
追加されると、ウィンドウの右上(閉じるのある辺り)にアイコンが表示されます。
Adblockなら上図のようになります。
ちなみに、AdblockをON(広告非表示)にすると赤く、OFF(広告表示)にすると灰色になっています。

…とはいえChromeウェブストアにも、悪質な拡張機能などが存在しており
一概に全部イイヨ!とは言えません。
悪意のある機能かどうかを調べるツールもありますが、
機能を追加する前に「大丈夫かな」と疑ってかかるべきだと思います。

かかる、といえば、最近寒いのでインフルエンザや風邪にかからないようにしてくださいね。
すでに花粉も飛び出している、とかいないとか…くわばら。

 

citRINe

citRINe について

読み方は「シトリン」シトリンとは、黄水晶・シトリンクォーツとも呼ばれる水晶のひとつ。特に意味は無い。    そして万年鼻炎、猫は吸うもの嗜むもの。