斜めから撮影しても、きれいに四角い写真を撮りたい

友人に気になるポスターを写真で送ったり、仕事の書類をpdfで送ったりすること、
ありますよね。

普通にカメラで撮ると、斜めになったり、入れたくない部分が映ったりして、
なかなかきれいに取れません…

そこで、斜めからとった写真を、真っすぐに修整してくれるアプリを使っています。

画像を修正して真っすぐにしてくれるアプリは、たくさんあります。
既に入れている画像編集アプリにも、機能があるかもしれません。
いろんなアプリを検討している方は、「カメラ まっすぐ 修正」とでも入れて、ブラウザで検索してみてください。
すごくたくさん出てくるはずです。
※APPストアでは、見つかりにくい可能性が高いです。

pdf化をするなら、iPhoneの基本アプリのみでも可能です。
関連:iPhone/iPadで撮影した写真をPDF化する方法

今回は、私が使っているアプリ[Office Lens]を紹介します。


ホワイトボードや印刷ドキュメントの写真を撮った後、トリミング、シャープ化、歪み補正を行って写真を調整すると、スキャンしたかのような画像が得られます。写真はノートに追加されるため、後で取得できます。(引用:Office Lens とは何ですか。

写真を修正して、真っすぐにすることが出来ます。
機能はシンプルで、使いやすいです。

早速使ってみましょう。

アプリを起動すると、カメラが起動し、切り取る範囲が赤い枠で表示されます。
一番下に、ホワイトボードなどが選択できるタブがあり、丸いボタンの左のアイコンをタップすれば、カメラロールから選択した画像を修正してくれます。

丸いボタンをクリックすると、写真を撮り、赤い枠に合わせて切り取り・歪みの修正をしてくれます。

あ、失敗した! というときには右上の方にあるツールの内、一番左側のアイコンをタップ。
白丸が出てくるので、位置を修正しましょう。

完了をタップすると、写真やpdf、色々なアプリに出力できます。
そのまま添付して送れるのも便利ですね!

いろんなことができる画像編集アプリを使うのか、特定の機能を重視したアプリを使うのかは、その人の使いやすさやシーンによって変わってくるでしょう。

ご参考になれば、幸いです。

はにわのてりぃ

はにわのてりぃ について

わたしは、約3,000年前に生まれた、「てりぃー」。     当時は、卑弥呼にこき使われていましたが、仕事に失敗し、左遷で鳥取にやってきました。       当時の鳥取には、何もなかったので一生懸命開拓しました。      疲れ果てて、寝てしまい気づくと土が上に被さり、いつの間にか土に埋もれてしまいました。 それから数千年後、鳥取県のある地区にある「古墳」で発見され、掘り返されちゃいました(笑)      現在、大山町の「古墳・埴輪博物館」を生活の拠点にし、日々パソコンの勉強をしながら働いています♪      趣味は、寝ること・食べること♬       最近ハマっているパソコン♪ PHPを使用したプログラムにチャレンジ中。このサイトで何とか記事を作ってUPに頑張ります~ぅ♪ はにゃぁぁぁ~~~ 応援よろしくなのー