iPhone/iPadの位置情報と写真共有

iPhoneやiPadで撮影した写真に、位置情報がつくことはすでにご存じですよね。iOSの端末で見ると撮影場所がマップ上に表示されるので「いつ頃だったか忘れたけれど、旅行で〇〇に行った時の写真を見たい」といった時にカンタンに探し出すことができます。

以前はSNSに投稿した写真の位置情報も見ることができたため、自宅の場所がバレてるよ~ということもありましたが、現在はFacebook、Twitter、Instagram、LINEなど主要SNSは位置情報付きの写真を投稿しても、情報が見えないようになっているようです。

ただ、気を付けなければならないのは、メール添付で写真を送った時や、AirDropで写真を共有したとき。この場合は位置情報が付いたままなので、注意が必要です。

↓ アプリによっては位置情報が必要なものもありますね

設定のプライバシーから、位置情報のON/OFF、アプリ毎の設定ができます。カメラのみOFFにしたい場合は、アプリ一覧から[カメラ]を選択して「許可しない」にチェックを入れると、撮影した写真に位置情報が付かないようになります。

設定がどのようになっているのか、子どもに持たせている端末やご自身の端末を、今一度確認してみると良いかもしれませんね。

るるるん♪

るるるん♪ について

祖母は電話交換手から教員免許を持つ看護師になり、母はタイピストから臨床検査技師に転職、私は介護支援専門員からICT支援員へ… これは、るるるん♪家の女系が受継ぐDNAの仕業か?それとも何かの因縁か? 愛用のiOS機器:iPad Pro、iPad mini、iPod touch 使用頻度の高いアプリなど:iWork、iLife、Applemusic、DAZN