iOS14にアップデートしてみた「ウィジェット」篇

ウィジェットって何??という私は、iPhone/iPad/iPodTouchにアプリをインストールしたわけではないけれど、もともと入っている機能やApple純正アプリを立ち上げるためのアイコン、ボタンというイメージでざっくりと認識しています。

そんなウィジェットがiOS14のアップデートでホーム画面に配置できるようになりました。

↓ 私のiPhoneはこんなかんじに

時計が大きく表示できるようになったので、見やすくて便利です!

設定方法はホーム画面でアプリアイコンや何もない部分を長押しします。
アプリのアイコンがグラグラゆらゆらして、編集画面になります。
すると画面左上に+マークが表示されます(iOS14から出現しました)
この+マークをタップするとウィジェットの設定画面になります。

ウィジェットの一覧から、ホーム画面に表示させたいウィジェットを選択し「ウィジェットを追加」をタップします。

あとはアプリのアイコンと同じように長押しをしてグラグラゆらゆら状態にしたら好きな場所に配置するだけ。

この大きな時計のウィジェットは、もちろんタップすると時計機能が開くのでタイマーもアラームも通常通り使用できます。
一つのアプリ、機能に対してルートの選択肢が増えたので、肢体不自由や視覚障害の方にも使いやすい機能かもしれません。
アクセシビリティの機能ではないけれど、アクセシビリティだと思ったのでした。

↓ ちなみに私のiPadProはこのようになっています

iOSアップデートで画面や機能が変わるので、新しい端末を手にしたみたいで楽しいですね。

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。