iPadとプラスアルファの何か

学校にiPadが導入された。それだけでも十分に使い方はあるけれど、もうあと一歩”〇〇がない”がために、幅広い活用に至らないという場面によく出会う。

例えばiPadで作成したデータを印刷するためのプリンター。学校にすでにあるプリンターとiPadが、同一ネットワーク上にいない。Airprintができるプリンターがないといったこと。

iPadでGoogleのサービスを使いたいけれど、アプリをインストールしないと使えない(MeetやClassroom)

小学校低学年の場合は、タッチペンやスタイラスペンがあるとiPadの活用の幅が広がる。

特別支援学校にiPadProが入っているのに、ただの大きいiPadとしか認識されていない。パソコンと同じようにマウスポインタも表示され、Bluetooth接続のマウスで操作ができるのに…などなど…

この段階だと学校や先生方が気づいていない、知らないということが多いので、潜在的なニーズを見つけて、iPadとの間にある必要な機器やソフトウェアなどの情報を、ICT支援員が提供する必要があるのかもしれないと、最近特に思うのでした。

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 祖母は電話交換手から教員免許を持つ看護師になり、母はタイピストから臨床検査技師に転職、私は介護支援専門員からICT支援員へ…
    これは、るるるん♪家の女系が受継ぐDNAの仕業か?それとも何かの因縁か?

    愛用のiOS機器:iPad Pro、iPad mini、iPod touch
    使用頻度の高いアプリなど:iWork、iLife、Applemusic、DAZN