検索サイトについて

インターネットを代表する検索サイトは数社有りますが、その中での使い方を今回ご紹介したいと思います。

インターネットには、大きく分けて2つの検索サイトの種類がありました。
過去形なのは、ほぼ一つの形に集約されてしまったからです。

その2つを見ていきましょう♪

 ・ロボット型検索エンジン
   ロボット型は、名前の通りロボットがネット上をズシンズシンっと・・・ってな訳でなく、それぞれの検索エンジンが皆さんのホームページを巡回(クロール)し、底にあった文字をキーワード化し、データベースに登録。といった手法を採用しており、検索結果は膨大な数に上ります。

 ・ディレクトリ型検索エンジン(最近閉鎖されてます・・・)
昔、「Yahoo!カテゴリ」なるサイトが存在していました。サイト管理者がここに登録っと設定しカテゴリーを選択肢ながら登録する方法でした。 ですから、そのカテゴリにたどり着けば情報が集まっているという仕組みでした。検索結果は登録された数になります。

ここからは「ロボット型検索エンジン」の検索方法について説明しています。

通常検索
例) 日本 (約 4,270,000,000 件)
-> 日本というキーワードで検索された結果が全件表示される

and検索
例)日本␣観光 (約 270,000,000 件)
-> 日本と観光の両方で絞り込まれたキーワードで検索された結果

or検索
例)日本␣or␣観光 (約 90,600,000 件)
-> 日本または観光というキーワードで検索された結果

マイナス検索
例) 日本␣–観光 (約 4,200,000,000 件)
-> 日本で検索された結果から観光をキーワードとしたサイトを消して検索された結果

検索結果の数字は以上ですが、かなり検索結果に違いが出てきてきます。

検索時にはより効率の良い検索方法を活用してみてください。
キーワードを多くすることにより検索結果件数を絞ることもできます

日本 観光 北海道 花 ひまわり (約 807,000 件)
日本 観光 北海道 花 ひまわり 宿泊 温泉 和室 (約 110,000 件)
日本 観光 北海道 花 ひまわり 宿泊 温泉 和室 夏 (約 91,900 件)

今回使用した検索エンジンは、Googleです。是非参考にしてみてください♪

 

やる気の無いブロッコリー

やる気の無いブロッコリー について

はぁーい♪ ITをかまいはじめてもうすでに、36年。最初はPC9801でMS-DOS上のN88-BasicでPG書いていました(笑) 現在は、IT企業??としてニッチ産業に取り組んでいます♪ のんびりと記事を更新していきますねー