iOSアプリ[すぴぃきー]の意外な(?)使い方1

iOSアプリ[すぴぃきー]は、文字入力したものを
iPhoneやiPadが音声で出力してくれるVOCAアプリで
コミュニケーションを支援するアプリです

以前、知的障害の学校の先生から
数字の読み方がわかるようなアプリってないですか?
と聞かれ、詳しく話しを聞いてみると
”数字の桁が増えると読めなくなる”
とのことでした

子ども向けのかずの学習『1.2.3(いち.に.さん)』
であれば、たくさんのアプリが出ているのですが
「そこかぁ~」です…

ICT支援員が「〇〇なアプリないですか?」と聞かれて
実は一番多く出てしまう心の声…「そこかぁ~」^^;

ふと、この学校のiPadに[すぴぃきー]が
入っていることを思い出し
その場で数字キーボードを作成しました

↓ テンキーと同じ配列に設定

適当に数字を入れて発話させてみると
ゼロで飛んでもしっかり数字を読み上げてくれるのです!

↓ 「104503」とあえて読みにくそうな数字を入力

「104503」は
「じゅうまんよんせんごひゃくさん」と
読みあげてくれました

算数・数学の授業で[すぴぃきー]を
活用された事例です

数字キーボードは他の学校でも
かんたんな足し算は出来るけど
発話が難しいという生徒が
このキーボードを使って
ゲームの得点を読み上げるということをされていました

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。