スクリーンタイムとスクリーンを見ない時間

本日仕事納めの弊社です。大掃除が終わりiPadProを開いたら、スクリーンタイムの1週間の報告が表示されました。
1週間、1日にどのアプリをどのくらい使用したか(画面を見ている時間がどのくらいか)が、スクリーンタイムをチェックするとすぐにわかります。

↓ 設定→スクリーンタイムで見ることができます

冬休み中、子どもたちがiPhone/iPadを何に使っているかすぐにわかりますね。

私のiPadProもスクリーンタイムを見てみると[Keynote][写真]は研修用スライド作成、[chrome][Classroom][Meet][Safri]はG-Suite for Education関連、[Pages]は画像付きのマニュアル作成を使っているということが、データと共に記憶がよみがえってきます。
仕事でパソコンも使い、プライベートではiPhoneも使っているので、画面を見ているトータルの時間は相当なものですね。

昨日はPlayStationVRで遊んでいたのですが、面白いし楽しいし、映像が思った以上にキレイで驚くけど、とても疲れる!

この年末年始のお休みは『”画面を見ない時間”を意識的に作りたい!』と思ったのでした。だからといって目を閉じて寝正月というわけではなく…忙しくてなかなか読めなった本がたくさんあるので、紙の書籍をたっぷり堪能したいと思います。

来年(度)に向けてさっそく準備開始です!

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。