リモートの画面共有でiPadの操作説明をする

今週もリモート研修が続いています。
iPadの操作方法、使い方をiPadを使ってリモートの「画面共有」で説明する。数年前には想像もしていなかった状況です。
画面のどこに表示されている、どのアイコン、どの項目をどう操作するのか…言葉だけで説明することも、理解することも難しいですよね。

そこで便利なのが、Bluetoothマウスを使ってiPadを操作する!です。
普段からBluetoothマウスを使っているので、気がつかなかったのですが、ふと「このマウスポインタのおかげで、操作の説明が便利」ということに気が付いたのです。

マウスポインタも設定のアクセシビリティ、ポインタコントロールでカラーを変えたり、サイズを変えて見やすくすると、レーザーポインターと同じように使うことができます。

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。