iPadでドリル系教材を使うことについて

iPadで勉強をして、問題を解く。
紙と鉛筆がタブレットに替わった。以上。

iPadやタブレットでドリル系教材を使う意味について、個人的にはこんな感覚です。

興味を持って勉強できる、紙と鉛筆を使うよりタブレットの方が使いやすいなどのプラス面もあると思うので、補助的に使うのは良いのですが…

用意されているものを、ただ与える。
与えられたものを、ただこなしていく。
それだけ。って…

特にiPadが導入されている小学校や中学校、特別支援学校では、このドリルや教材、デジタル教科書(+カメラ)だけという使い方は、本当にもったいないと思うのです。
iPadを使うと、もっともっとクリエィティブなことができますよ!(←教員ではなく、一般企業に勤めているICT支援員だから言えることでもある…という現状)

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。