iPadでコーディング練習

iPadでコーディング♪

コーディングとは、プログラムを書くことを指す業界用語です。
プログラムと言っても、たくさん種類があります。

  • C#
  • HTML
  • Java
  • Java Script
  • PHP
  • Python
  • Ruby
  • CSS
  • Swift などなど

最近とある方から、「iPadでJAVAの学習できないから、次年度からWindowsタブレットにしようかと思ってるんだ。」とのお話しをもらい、早速Googleさんにご相談。

すると、出てくる出てくるアプリケーション。

その中の一つを紹介いたします。

【Pico Compiler – Java IDE】App内課金
このアプリは、iPad上でJavaをコーディングし、実際にコンパイル・実行できるソフトです。
自分で書いたプログラムを実行するには、Proバージョンが必要です。


ソース一覧 ー>    コーディング ->  実行

簡単なCUIベースのプログラムでしたら実行可能のようです♪
最近の小学校から始まるプログラム学習。 何をするのかなーってネットの資料をのぞいてみました。 ふむふむ、組み立て方かぁ~ てなわけで、そんな簡単にできるアプリを探してみました。

【Swift Playgrounds】
このアプリの構成画面(実行画面に直行!!)はこんな感じです♪

画面左側が、説明。 右側が実際の動きを表しています。
動きを動画にしてみました(^^)v

画面下部中央に二つ命令が並んでいます。この命令をタップし、左側の画面に並べていき、右下にある【コードを実行】をタップします。

どのような順番で指示していくとゴールするかを学ぶことができます。
遊びながら学べる教材。これが、iPadならではの学習の仕方では?と思ったりします♪

 

やる気の無いブロッコリー

やる気の無いブロッコリー について

はぁーい♪ ITをかまいはじめてもうすでに、36年。最初はPC9801でMS-DOS上のN88-BasicでPG書いていました(笑) 現在は、IT企業??としてニッチ産業に取り組んでいます♪ のんびりと記事を更新していきますねー