GoogleとGmailのアップデートについて思うこと

個人的にはほとんど使用していないGmailを、久しぶりにiPadで開いてみたら、GoogleWorkspaceって書いてある!

パソコンも見てみたらiPadのアプリと同じように、チャットやチャットルーム、ビデオ通話が直接できるようになっていますね。

正しく使える大人が便利に使うのには良いけれど、メールアドレスを知っているだけで、いろいろできちゃうのは悪用もできるな…と、考えてしまうのでした。

ビジネス向けのWorkspaceと教育用のEducationは、場合によって仕様を変えた方がよいのでは?多様な使い方を想定して対策をしておかなければ…と、危機感を募らせています(導入前から言ってますが)

アプリをアップデートするときは、内容も要チェックですよ(特にGoogle関係はね!)

児童が使用するiPadの場合、はじめはGoogleWorkspaceのSafariでの使用を制限して、必要なアプリだけ(Meet、Classroomなど)をインスト―ルしておけば良いので、段階的に使い方を広げていくことができますね。

るるるん♪
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。