iPhone/iPadのアクセシビリティ「音声コントロール」が日本語対応に!

iPhone/iPadのアクセシビリティ機能の、音声コントロールが日本語対応になっています。

音声コントロールはSiriと違って、インターネットに接続されていなくても音声で端末を操作できる機能のこと。
アプリを起動するときにアプリ名がわからなくても、画面上に表示されている番号を読むだけで開くことができます。

↓ 音声コントロールON、オーバーレイの項目番号ONにするとホーム画面でアプリアイコンに番号が表示されます。

日本語対応なので開きたいアプリに付いている番号を読むだけ。設定アプリに「4」が付いていたら「よん」と読むだけでアプリが開きます。

↓ 設定を開くと項目毎に番号がついています。

こうして音声だけで端末を操作することができます。

設定方法は「設定」→「アクセシビリティ」→「音声コントロール」ON

画像のように数字を読むだけで操作したい場合は「オーバーレイ」の項目番号にチェックを入れると、項目やアプリ毎に数字が付きます。

この「音声コントロール」昨年度の夏休み研修で特別支援学校の先生から相談があったものでした。
その時は日本語に対応していなかったので、アップデートを待つしかないですね…という状態だったのですが、現在できるようになっていますよ!

[ミュージック]アプリに入っている曲も、音声だけで選曲から再生/停止もできるので、肢体不自由児の端末活用も幅が広がりますね!

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。