iOS13.4とトラックパッドと特別支援学校

iOS13.4アップデートでトラックパッドが使えるようになりました。アクセシビリティのスイッチコントロールで設定しなくても、Bluetooth接続でマウスが使えるようにもなりました。

↓ 詳細はこちらをどうぞ 2020年3月26日 記事
iPadOS13.4アップデート「トラックパッドを接続してみた」篇
 https://www.dreamonline.info/archives/4055

個人的にはiPadProとキーボード、マウス、場合によってトラックパッドを使ってノートパソコンの代わりのように使っているというかんじです。

一般的にもiPadとMacbookAir(ノートパソコン)との境界線が、いよいよ曖昧になってきたな~学生やビジネスマンにとっては持ち運びが軽くて薄くて便利になったね~といった印象でしょうか。

特別支援学校、特に肢体不自由児対象の学校の先生方には、それだけでなく”iPadへの入力方法の幅が広がった!”という捉え方を、一つの視点として持っていてほしいのです。

iPadの画面をタップ、スワイプするなど直接指で触れて操作するだけでなく、外部機器のBluetooth接続がカンタンになったことで、iPadの操作、文字入力方法について選択肢が増えたのです。

新年度が始まる前のこの時期に、ぜひiPadをアップデートして周辺機器とBluetooth接続してみてくださいね!

           
  • るるるん♪
  • 医療福祉系OS搭載のため、個別支援・個別援助の視点がベース。
    主に特別支援学校と小学校を担当しているICT支援員です。
    社内ではICT支援事業全体の取りまとめもしているので、時々ですが中学校、高等学校にも出没します。よろしくお願いいたします。